パープルリボンまゆら

まゆら日記

上手に怒るとは

2016.09.18

P1030950

「怒りはよくないもの」でしょうか。

参加者の発言で興味深かったもの、それは

「楽しいことがあったとすればそれは自分のこととして考えられる」が「悲しいことは人によってそうさせられると考える」です。

怒りの持つプラス面のイメージは『能動的』でありマイナス面のイメージは『受動的』と言えるとも。

「怒りはよくない」という刷り込みから抜け出るのはけっこう大変な作業です。でもその刷り込みの存在に気づいた時の彼らの表情に出会うことができるのが加害者プログラムです。

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ