パープルリボンまゆら


パープルリボンまゆら3つの活動

DV加害者更生プログラム

「更正」ではなく「教育プログラム」です

【対象者】 ・DVをやめたいという意思を持つ男性 ・精神疾患がない人 ・アルコール等の依存症ではない人 ・原則、パートナーと『まゆら』がつながれる人

【回数・所要時間】 週1回・各2時間 (個人ワークの場合は90分) 3回の面談を経てからグループワークに参加できます
【開催日時】 ■仙台会場:毎週土曜日 18:00~ ■青森会場:日曜日15:00~(ご相談に応じます)  【参加費】 ・3,000円 / 1回 (参加毎にお支払いいただきます) ・参加前に個人面談が3回(各8,000円)、及びパートナーの方との面談が 1回(10,000円)あります ※面談できない例もあります ■青森会場をご希望の方の参加費については仙台と異なるため   mayura.aomori@gmail.com (松山) へお問い合わせください

【プログラムは】 ・治療やカウンセリングではありません ・DV行動をやめ、暴力の責任と向かい合うための、グループで行う教育です ・米国カリフォルニア州認定のプログラムを応用しています

こころのCare講座

20201125日スタート! DV被害女性支援プログラム~女性がチカラをつける~

 どんな理由があっても、暴力を振るわれてよい人はいません。 このプログラムは被害女性がチカラをつけて、自分の人生を取り戻すためのプログラムです。※ZOOM(オンライン)で開催します。 離れたところにお住まいでも参加できます。 グループワークによる話し合いと教材をつかって学びます。 プログラムは参加者の状況に沿って教材を選ぶので途中参加もできます。 ■お申込み・お問合せ先…メール mayura.aomori@gmail.com 090-7325-8457

チラカとは・DVを見抜くチラカ ・DVをされても影響されないチカラ ・DVを跳ね返すチカラ ・自分で決断して行動をおこすチカラ ・自分らしく生きるチカラ ・加害者に味方する人たちに支配されないチカラ

そのために:自分自身を縛っている様々な思い込みを「学び落とし」自分を自由にする新しい価値観と言葉と方法を「学び」ます。

■開催日…月1回(原則第4水曜日) 11:00~12:30 ■開催場所…お申し込み時にお知らせします ■お約束ごと…パートナーが加害者プログラムを受講していない方は事前面談をお願いしています ■受講料…1回500円(資料代含む) 経済的困難を抱える方は遠慮なくお申出下さい zoom(オンライン)開催中は無料 ■お問合せ先…mayura.aomori@gmail.com 090-7325-8457(松山)

 

デートDV予防セミナー
対象者】 中学生・高校生・大学生・企業の若い世代の社員など
【回数・所要時間】 50分〜120分 / 1回 ご要望に応じて柔軟に対応しています
【開催日時・場所】 ご希望に合わせ、ご指定の場所に伺います
【講師料】 2万円〜 (交通費・宿泊費 別途)

○ご予算・内容・時間・場所など、できるだけ柔軟に応じています まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください ※頂く講師料はすべてDV被害者支援のために使われます

【内容】

【1】デートDVってなに? / デートDVとはどんな態度・行動のこと? / まちがった思い込みとは?/暴力の種類 / 暴力をふるわれる人の気持ち 【2】デートDVはなぜおきる? / DVは「力と支配」 / DVの要因 【3】加害者にも被害者にもならないためには? / 暴力を甘く見る風潮に気 づく/ジェンダー・バイアスに気づく / 相手を尊重する関係を学ぶ / 態度行動チェックリスト/相談されたらどうしたらいい? など パワーポイント画像・クイズ・ロールプレイ・DVD上映なども織り交ぜて実施しています。

※私たちの活動は無報酬です。 ご寄付をお考えの方は以下にお願い申し上げます。 ゆうちょ銀行 店名 八一八 記号18100 番号4228671 パープルリボンまゆら

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    あっという間にほぼなくなりました

    5月上旬に届いた生理用品の中、現在あるのはショーツMサイズが

    続きを読む

    河北新報に

    2022/3/30 2022/3/31 二回にわたって掲載さ

    続きを読む

    石巻北高校

    コロナのニュースが飛び交う中で、講座が実行できるのかギリギリ

    続きを読む

    TV取材を受けました

    取材協力の記念品を頂きました。 約1時間お話を聞いてくださっ

    続きを読む

    継続は力なり

    かつて加害者教育プログラムに参加していたBさん。 「おかげさ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ