パープルリボンまゆら

まゆら日記

教材は好きになれない

2018.07.12

P1040733

Bさんが、教科書的教材は好きになれないと発言しました。

例えば、
自分の思い通りにならないことで勝手にイラッとして不機嫌になる夫に対して、妻さんは『あっ、しまった。失敗した。機嫌を直してもらうにはどうしたらいいだろう』と顔色をうかがい始めます。

では、良好な関係のために夫は妻さんに何ができたかを考えてみると…

・自分の望む状況にしようとして自分から動く
・先に状況を受け入れて、次からはこうして欲しいと言う
・まずは感謝の気持ちを言葉に出す

このような回答が出ました。

Bさんにとってこれらの回答は教科書的な考えなのです。
それならどうするかというと、

まずは相手を否定しない

Bさんは、ここから始まるというのです。

今まで散々相手を見下し、自分の世界を広げて相手を取り込んでしまっている加害者が、『まずは感謝のことばを言う』なんて教科書的で好きになれない(ウソくさい)ということです。

わかるなー、しっくりきたという参加者とよくわからないという参加者と捉え方が面白いと思う私と。

ワークは2時間を超えました。

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ