パープルリボンまゆら

まゆら日記

増えています。女性からのご相談

2019.02.15

P1040729

前より増えている女性からのご相談。
まゆらの活動の中心が被害者支援の一つの方法としての加害者更生教育だということが知られてきているのでしょうか。

20~70代の女性たちが辛い胸の内を話して下さり、従来の支援とは異なる視点で相談にのって欲しいと希望されたり。

私たちは青森で女性被害者支援に長くかかわり、現在 まゆらへのご相談は最新の支援プログラムをご用意し、松山佳子専門相談員が担当しています。

県外の方からもメールや電話があり、それぞれに応じています。

被害女性の中には別れたりそのような場所から離れることができないとか、したくない人もいます。
加害者が容易に変われないのも事実です。
暴力は速効性があってふるう側は楽ですから、なかなかDVの関係をやめようとはしません。
それでもその相手と暮らそうとする被害者さんの場合どうするかというご相談にお応えしています。

被害側がチカラをつけ、ついにはパートナーが更生に向けて動けるよう声をあげた例もあります。
自分にDVって関係あるのかしら…まずはここから始めてみませんか。

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    農林高校

    今回はzoom使用です。 教室の黒板に大きくiPad画面が投

    続きを読む

    水産高校

    ペンギンをイラストに入れたのは水産高校の海をイメージしたから

    続きを読む

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ