パープルリボンまゆら

まゆら日記

夫婦で参加のつもり

2019.07.08

P1040884

Aさんは、夫からの身体的暴力で体が不自由になりました。

夫はプログラムに通い、まずは身体的暴力を一切しないことを約束しています。

彼は通ってそろそろ2年になり、妻のAさんからは時々メールが届きます。
つい最近のメールは『グループワークの参加者の皆さんのおかげで、夫に怖がらずに気持ちを伝えることができるようになりました』というものでした。
Aさんの夫はこの頃、ほかの参加者に適切な突き付けができるようになりました。
自分もなかなか行動変革ができないけれど、かつての暴力的思考だった自分を見ているようだと言います。

Aさんから、「私たちは夫婦でまゆらに通っているつもりです。これからもよろしくお願いします。」と言って頂きました。

夫婦二人でDVに立ち向かおうとしていることは、社会に向かって非暴力を発信していくことになるのかしら。
暴力の責任は加害側である夫がとらねばならないのは確かです。

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ