パープルリボンまゆら

まゆら日記

プログラムが無料だったら

2020.08.06

「夫にプログラムを受けさせたいけれど、お金が続かないと思う。どうしたらいいでしょう」とご相談がありました。

自治体によっては加害者向け無料カウンセリングを行う所もあると聞きます。

保護命令が出された加害者には更生プログラムを一定期間受けることが社会の決まり事の一つとしてあったり、その場合の参加費は公的資金で賄うというようなこともDV被害者の声に応えることになるでしょう。

DV被害体験者を減らすにはまず加害者を減らすことで、そのための更生プログラムです。
受けたい人はお金をハードルにせず受講いただく方法があるといいですね。
活動を応援してくれる社会貢献意識の高い企業など後援者がいてくれたら参加無料にできるのですが。

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ