パープルリボンまゆら

パープルリボンまゆら3つの活動

DV加害者更生プログラム

※「更生」を使用しています

【対象者】 ・DVをやめたいという意思を持つ男性 ・精神疾患がない人 ・アルコール等の依存症ではない人 ・原則、パートナーと『まゆら』がつながれる人

【回数・所要時間】

週1回・各2時間 (個人ワークの場合は90分) 3回の面談を経てからグループワークに参加できます

【開催日時】

■仙台会場:毎週土曜日 A: 14:00~    B: 18:00~ 毎週日曜日 C: 18:00~ ■青森会場:平日の夜間(ご相談に応じます)

○グループには随時参加できます ○主宰側の都合により休むことがあります 【参加費】 ・3,000円 / 1回 (参加時にお支払いいただきます) ・入会金等はありません ・参加前に個人面談が3回(各8,000円)、及びパートナーの方との面談が 1回(10,000円)あります ■青森会場をご希望の方の参加費については仙台と異なるため   mayura.aomori@gmail.com (松山) へお問い合わせください

【内容】 ・治療やカウンセリングではありません ・DV行動をやめ、暴力の責任と向かい合うための、グループで行う教育プログラムです ・米国カリフォルニア州認定のプログラムを応用しています

こころのCare講座

【対象者】

■青森において、アウェア認定の有資格者が「DV被害女性支援プログラム」を実施しており、以下のいずれかに当てはまる方が参加できます。 ・DVでつらい思いを抱えている女性 ・もしかして私の方がDV加害者ではないかと悩んでいる女性 ・夫婦にDVの問題はあるけれど、まだ離婚・別居は決断していない女性 ・離婚・別居したけれど(元)夫と子どもの面会交流の問題を抱えている女性 ・離婚・別居したけれど、子どもを将来、被害者にも加害者にもさせたくない女性 ・パートナーが加害者プログラムに参加している女性

【回数・所要時間】月1回・2時間 連続受講・単発受講いずれも可能です

【開催日時】 木曜日の午前(原則第4木曜日)

『パープルリボンまゆらAOMORI』が、「どんな理由があっても暴力を振るわれていい人はいない」という視点に立ち、被害にあった女性に寄り添います TEL  090-7325-8457(松山)  メール mayura.aomori@gmail.com

P1040729青森には行けないという方も、対面はちょっと…という方も、まずは電話かメールどちらでもお気軽にお問合せ・ご相談ください LINEでもお受けできます

【参加費】1人1,000円 / 1回(参加時にお支払いいただきます) ※経済的困難を抱える方は遠慮なくお申し出ください

デートDV予防セミナー

対象者】 中学生・高校生・大学生・企業の若い世代の社員など

【回数・所要時間】 50分〜120分 / 1回 ご要望に応じて柔軟に対応しています

【開催日時・場所】 ご希望に合わせ、ご指定の場所に伺います

【講師料】 2万円〜 (交通費・宿泊費 別途)

○ご予算・内容・時間・場所など、できるだけ柔軟に応じています まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください ※頂く講師料はすべてDV被害者支援のために使われます

【内容】

【1】デートDVってなに? / デートDVとはどんな態度・行動のこと? / まちがった思い込みとは?/暴力の種類 / 暴力をふるわれる人の気持ち 【2】デートDVはなぜおきる? / DVは「力と支配」 / DVの要因 【3】加害者にも被害者にもならないためには? / 暴力を甘く見る風潮に気 づく/ジェンダー・バイアスに気づく / 相手を尊重する関係を学ぶ / 態度行動チェックリスト/相談されたらどうしたらいい? など パワーポイント画像・クイズ・ロールプレイ・DVD上映なども織り交ぜて実施しています。

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ種別
メッセージ
入力内容をご確認の上チェックしてください

まゆら日記

淡々と自然体で

参加者A…彼女(妻)との深いコミュニケーションはどうしたらと

続きを読む

学生さんの反応

青森中央高等学校に、パープルリボンまゆらAOMORIの代表と

続きを読む

言ってもらえて気づいた

妻さんとの関係はぎくしゃくしつつも、彼女が言ってくれたことが

続きを読む

妻が明るくなり、それが腹立たしい

参加者A…ボクと妻は同じ会社です。部署もフロアも別だけど顔を

続きを読む

「言い訳」もDVですか?

先日妻と言い争いになりました。妻から痛いところを突かれたと思

続きを読む

記事をもっと見る

facebook

twitter

ページのTOPへ