パープルリボンまゆら

まゆら日記

加害者が考えるDV 「真実の鏡」

2016.07.17

P1030868

加害者が帰宅した時「あぁ、今日もあるな」。

加害者が家にいる時、「また始まる」と思う被害者。

これから起こるであろうDVを極力抑えるために、加害者のスイッチを入れないために、時に静かに、時に子どもをおとなしくさせたり、慎重になるでしょう。

被害者は加害者のDVの雰囲気や表情を容易に想像できます。

しかし、加害者は自分の顔がわかりません。

恐ろしい魔物の顔、人を汚れた畜生でも見るような視線。他者否定と自己肯定しか出てこない口、日本語が通じない耳。

そんな時は鏡を突きつけてやりましょう。

そんなこと、できるわけない?

もし、そう感じる方がいるなら今から逃げてください。鏡を出すことすらできない相手と生活などできません。

—————————————————

上記は受講中の加害者が寄稿してくれたのですが、なかなかリアルです。

 

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ

     
     

    私たちの活動は無報酬です。 ご寄付をお考えの方は以下にお願い申し上げます。
    ゆうちょ銀行 店名 八一八 店番818   普通口座番号4228671  パープルリボンマユラ

    まゆら日記

    大和中学校

    できるだけスクリーン近くに集まって頂いて、「人とのよりよい関

    続きを読む

    柴田農林高校

    男性教諭二人によるジェンダーバイアスに気づくやり取りが行われ

    続きを読む

    宮床中学校

    カラフルな花で囲む優しい感じで講師名の表示を作ってくださった

    続きを読む

    鹿島台商業高等学校

    いきなり停電のニュース。 でも先生方の工夫のおかげで講座は無

    続きを読む

    水産高校にて

    学校は駅から徒歩5分ほど。 公共交通機関利用で移動なので、駅

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ