パープルリボンまゆら

まゆら日記

試してみよう

2017.02.20

P1040257「でも」を言わない一週間を。

相手が何か言った時、何気なく「でも、」で会話が始まっていることがあります。その場合相手は

「あ、また始まった」
「どうせこの人は最初から私の意見など聞こうという気持ちはないのだ」
「否定され続けるのはもうたくさん! このまま我慢しよう」
「どうして受け入れてくれないのだ」
「こんな思いをするなら発言しなければよかった」
etc…。

今回はDV被害者の気持ちに思いを寄せるための実験的訓練。

一週間プログラム参加者に試してもらいました。

Aさん…職場で試した。いつもハッキリとした言動をしないと感じていた後輩がいつものように意見をぼやかした時に「あなたの考えはどう? 聞かせてもらえるかな」と聞いてみた。
彼は彼なりに考えて発言し、今までとは違って向こうから話しかけてくれるようにもなったし、こちらも彼の話の終わりがわかるようになった。

Bさん…あまり意識せずに過ごし、途中から忘れてしまった。

Cさん…妻との生活で普段からそれは気にかけていたこと。「でも」が出てしまった時は「あ、言ってしまった」と自分から言っている。そうすることは、相手も僕が考えて発言しようとしているな、雑ではないなと受け入れられるように思うだろう。

Aさん…相手も気にかけてもらえているという安心感が生まれるだろう。

Cさん…「でも」で始まると警戒して相手は構えるし攻撃されている感や敵に回されている感がある。

Aさん…もう少し続けてみよう。相手の態度が変わったのは自分だけの勘違いかもしれないし。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

考え続ける彼らの発言に興味があります。

 

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    農林高校

    今回はzoom使用です。 教室の黒板に大きくiPad画面が投

    続きを読む

    水産高校

    ペンギンをイラストに入れたのは水産高校の海をイメージしたから

    続きを読む

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ