パープルリボンまゆら

まゆら日記

彼女の決心

2017.12.10

被害体験者の彼女が「田仲さん、私 決心しました」と言いました。

彼女は子どもから「パパと別れて欲しい」と何度も言われていますが、離婚を踏みとどまっています。

プログラムに通い始めたばかりの夫は参加の日が近づくと「いつまでDVDVと言っているのだ」と機嫌が悪くなり暴力がひどくなるので、いっそのこと通わなくてもいいと思っているとのことでした。

P1040586

以下は彼女が出した結論です。

市内のとあるDV被害者相談先に電話したら、DVは、私が『怖い、辛い』などと感じて相手の顔色をうかがいながらビクビクして暮らしている状態のことだと言った。
それであれば私は自分に「彼のことは怖くないし、されていることも辛くない」と無理やりにでも言い聞かせる。
でも今までのように黙って相手の言いなりにはならないように頑張る。

—————————————
これは彼女がたくさんの情報の中から熟慮して選んだ答えで、彼女自身ほんとうにこれでいいのかと自問自答した結論です。

その考えはさておいて、私は彼女の安全確認や安心感を得られるよう寄り添い続けます。

後日彼はグループの仲間から『あなたがすぐに元に戻るのが私たちには見えている』と言われ、気色ばんで辞めていきました。

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ