パープルリボンまゆら

まゆら日記

教材を考える

2017.12.18

P1040587

教材をそのまま捉えない参加者がいます。
例えば「家族への怒りの伝え方のルールとして有効なことは」というタイトルだとしたら、
教材には『過去を引っ張り出さないこと』
『強い言葉ではなく冷静に言葉を選んで』
『怒る主題は一つに』
『程度を表す場合は数字で伝える』などあります。
それを彼は、

・加害者が怒りをおさめることはルール作りにつながるのか?
・加害者に再度の怒りがわいたらやはりルールを作るか?
と仲間たちに投げかけました。

その後の考え合い話し合いの時間は濃厚なものになり、各人の気づきが深くなりました。
教材でも疑って丁寧に考えるのは常に自分を知ろうとし続けている彼の特徴です。

その思考を歓迎します。

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ