パープルリボンまゆら

まゆら日記

教材を考える

2017.12.18

P1040587

教材をそのまま捉えない参加者がいます。
例えば「家族への怒りの伝え方のルールとして有効なことは」というタイトルだとしたら、
教材には『過去を引っ張り出さないこと』
『強い言葉ではなく冷静に言葉を選んで』
『怒る主題は一つに』
『程度を表す場合は数字で伝える』などあります。
それを彼は、

・加害者が怒りをおさめることはルール作りにつながるのか?
・加害者に再度の怒りがわいたらやはりルールを作るか?
と仲間たちに投げかけました。

その後の考え合い話し合いの時間は濃厚なものになり、各人の気づきが深くなりました。
教材でも疑って丁寧に考えるのは常に自分を知ろうとし続けている彼の特徴です。

その思考を歓迎します。

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    怒り狂う妻

    「あんたのせいで指が使えない。曲がったままで恥ずかしい。」と

    続きを読む

    わたしって被害者? 14

    「私が悪いんです」「私のがんばりが足りないからだと思います」

    続きを読む

    わたしって被害者?  13

    私は夫に反論出来ません。 どうせ私の意見は受け入れてもらえな

    続きを読む

    わたしって被害者? 12

    怯えてミスして怒られる悪循環に気づきました。 夫にまた怒られ

    続きを読む

    わたしって被害者? 11

    私は50代の専業主婦です。 夫が私の料理に文句を言ったり、機

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ