パープルリボンまゆら

まゆら日記

加害者Fさんから

2019.10.18

P1040899

私Fはパートナーに身体的、精神的な暴力をしてきて、彼女は半身が不随に近い状態で病院通いが続いています。
プログラムへの通い始めはパートナーからの勧めです。

通い始めの当初はパートナーへの暴力は私だけのせいではない、相手とのトラブルの結果で仕方ないものだと思い込み信じていました。
まだその気持ちは正直すべてぬぐい切れているとは言えません。

ただ、プログラムに通い、同じようなDV加害者の話を聞くと、自分も同じ考えを持っているはずなのに他人の口からそれを語られると、それは間違っていると気づかされることがあります。
暴力に至る考え方やパートナーへの対応の仕方や、私自身が普通に当然だと思っていたものが、一歩費した視点で見たり聞いたりすることで、おかしい思考だと気づくことができるのです。

そうは言っても気づいたことがすぐに考え方や行動を変えることになる訳ではないのですが、気づいていないのと気づいているのでは大きな違いがあるとわかります。

2年通いその程度しかまだわかっていませんが、通い続けることで、歪んだ自分の考え方を修正できると思っています。

—————————————
「妻さんからはこの内容では不充分だとチェックされたのですが」と言いながら寄稿したFさんです。
妻さんとFさんは毎回プログラムのことを話し合っているとお聞きしました。
夫婦でDVと向き合うという関係ができている例です。

 

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ