パープルリボンまゆら

まゆら日記

僕はもっと苦しむ必要があるのか

2020.02.28

Aさん…
妻はここ数年自分のからだも心も壊しています。
僕が長年やってきたDVはそれほどまでに非情で恐ろしいことだし、彼女の苦しみと比べられるものではないとわかります。
こうしてここに通っているのはひょっとして自己満足に過ぎないのかとか、これ以上変われることはないのではないかというのが今の気持ちです。

Bさん…
そこに気づいて申し訳なさを持ち続けることが贖罪ということになりませんか。

Cさん…
その苦しい思いの底に、本当はどんな感情があるのか分解してみませんか。

Dさん…
自分はもっと苦しむべきという考えは僕にはなかったからAさんの話を聞いて「加害側はそこまで追い込まれないといけないのか」と思いました。でも、いくらAさんが苦しんでも彼女の苦しみは減らない訳でしょ。

Cさん…
Aさんの妻さんが何を望んでいるのかを最優先することと自分の苦しさは、別に考えてもいいのではないかとも思うんですが。

Aさん…
妻は「もう考えることに疲れた」と言います。私とたまに会うことが救いになる時と会うと過去を実感する時とアップダウンがあって、一体どうやって彼女を楽にしてあげられるのかと悩むんです。自業自得なのは承知していますが。

Bさん…
おそらくAさんの妻さんはAさんにある程度の信頼感があるから「疲れた」と言えるのだと思います。これは妻さんが以前のご自分にはなかったことだと思うんですがどうでしょう。


※彼らは時間をかけたやり取りで自分自身の価値観に気づいていきます


お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ