パープルリボンまゆら

まゆら日記

保護命令までは考えられない

2015.12.06

Hさんは精神的・身体的被害等を体験し、体が震える怖い思いをしています。

P1030559

思い切って逃げたHさんの実家へも押しかけ、頻繁に電話もメールもする夫です。

Hさんは「結婚して間もないのに離婚なんて世間体が悪いし」

「別れるなんて知ったらもっと彼が怖い人になるかもしれない」

「もしかしたら私の努力で何とかなるかも」

と悩んでいました。そんな中でご両親と一緒に警察に相談できました。

警察では保護命令の手続きを勧められました。でもその内容を知ると「彼に悪い」「彼がかわいそう」「その後が心配」という気持ちがわいたそうです。

ご自分のことより彼の心配をなさる被害体験者さんは多いです。

まず二週間ほどは一切彼と連絡をとらない約束をし、その約束を守れた場合に彼はまゆらの面談を受けてグループワークに入ることになりました。

 

 

 

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ