パープルリボンまゆら

まゆら日記

援助したい

2017.07.10

P1040333
別居しているBさんが、妻さんの引っ越しに伴い『援助』を申し出ました。
「一人暮らしする場合は最大限の援助ができます。何かとお金がかかるでしょうから、あなたには従来の送金より増額が可能です。」

このメールを受け取った妻さんの気持ちは次の通りです。

私が引っ越さなくてはならないことや通院や服薬が必要になったのは、そもそも夫のあなたの虐待が原因なのに、もしかしてそのことを見失っているのでは…。

Bさんは妻さんに「困っているなら助けてあげる」と申し出たわけです。精いっぱいの優しさ、思いやり、そして謝罪のつもりで。

「援助」という言葉を使ったところに、DV加害者の特性が出ているとお気づきでしょうか。

お問い合わせ・お申し込み

あなたの一歩にお手伝いができれば幸いです。
お問合せは下記メールフォームからお送りください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ種別
    メッセージ
    入力内容をご確認の上チェックしてください

    まゆら日記

    今週は中学校

    「性的同意」を入れたプログラムになりました。 望まない妊娠が

    続きを読む

    宮城県一迫商業高校

    ブルーの夏服の一年生はほとんどが男子で、後ろに数名の女子生徒

    続きを読む

    青森県立中央高校

    毎年パープルリボンまゆらにご指名頂く高校の一つです。 ワーク

    続きを読む

    青森県立大間高校

    青森市から車でゆっくり向かったのはマグロで有名な大間。 海風

    続きを読む

    青森協議会 男女共同参画委員研修会で

    共同代表の松山佳子がお話したのは 「DV どのような対応があ

    続きを読む

    記事をもっと見る

    facebook

    twitter

    ページのTOPへ